40歳の転職が失敗して絶望する典型的な特徴

40歳で転職に失敗して絶望する理由は様々。そもそも応募先を見つけることができず人生に絶望してしまう中高年。転職はできたものの、転職先で職場マネジメントできず短期間で退職してしまった方。ブラック企業に入ってしまって、どうしようか待っている44歳。そもそも40歳代の転職活動は何をすればいいのか分からない人も中にはいらっしゃいますね。40歳で転職するリスクや、他応募者との差別化などのテクニック、年収を下げずに転職する方法、転職回数が多くても内定を勝ち取る方法、ハローワークの活用法を余すところなく伝授していきます。

記事一覧

  • 40歳代のOLはパワハラで身も心もボロボロ!うつ病と戦った10年間
    2018年06月09日40歳転職女性

    転職支援をしている斉藤だ!俺も40代でリストラされて1年間失業して地獄を見たが、世の中不幸な中高年はいくらでもいる。私立の大学職員になって22年間働いてき古閑さん(46歳代)だが、いつの日か心を病んでしまうんじゃないかというような予感は以前からあったという。アカ

    記事を読む

  • 夢見る少年は何歳までいけるの?40代ドリーマーに聞いてみた
    2018年05月09日40歳転職男性40歳悲惨な現状

    転職支援仲間からAさんを紹介されたのは、昨年のことだ。何でも夢を追い求めるため、単身で沖縄に移住したという。ただし、よくよく話を聞いてみると、現在は無職だと言う。どうやって生活しているというのか?今流行りの田舎暮らしなのか?それとも何か目的があってのこと

    記事を読む

  • それでも続けますか?勤続15年でも年収250万円の絶望
    2018年04月09日40歳転職が絶望的40歳悲惨な現状

    2018年、いよいよ中高年も年収200万円代の時代がやってきたと言われているが、本当にそんな定収入の40歳代がいるのだろうか?行きつけの飲み屋で知り合ったSさんは、40歳代になった今も年収300万円を超えたことがないという。大学を卒業した後、正社員となって飛び込みアポ

    記事を読む

40歳代のOLはパワハラで身も心もボロボロ!うつ病と戦った10年間

TAKEBE160224130I9A0356_TP_V
転職支援をしている斉藤だ!

俺も40代でリストラされて1年間失業して地獄を見たが、世の中不幸な中高年はいくらでもいる。

私立の大学職員になって22年間働いてき古閑さん(46歳代)だが、いつの日か心を病んでしまうんじゃないかというような予感は以前からあったという。アカデミックな職場はパワハラとは無縁だと思われがちだが、彼女が勤務していた大学ではパワハラが横行していたという。

20歳代から30歳代半ばにして心の病気を患い、退職していく女性を何人も見てきたという。事実彼女も37歳代でうつ病にかかってしまい、さらには摂食障害で入院してしまった。

主治医は「 もう働くのは無理だ 」とドクターストップをかけてきたという。追い打ちをかけるように、職場から「 退職してほしい 」と言われてしまい、退職する以外に方法はなかったという。

ひとり暮らしも難しい状態であったお陰で、自宅のある神戸に帰り闘病生活を余儀なくされた。1年後には転職活動を始めてはみたが主治医から許可が出たというわけではなかった。

失業保険が1年で切れてしまい、実家のご両親から「 働かないなら出ていけ 」と言われてしまい、やむなく転職活動を開始したのだという。彼女は、うつ病のことを馬鹿正直に履歴書に書いて落ちまくっていたところで私と出会った。彼女が私のオフィスを訪れた時には既にボロボロで、「 病気のことを馬鹿みたいに書いているようでは、一生転職は無理 」とアドバイスさせてもらった。

それからはうつ病のことは伏せて応募しまくり、なんとかカスタマーセンターの派遣社員として内定が決定した。ただ、その職場も1年しないうちに辞めてしまい、こんどは神戸市の契約社員として半年間働いたが、それが彼女の限界だった。

ここ数年失業中だけども、来月からは区役所で契約社員として働き口を見つけたという。しかし、うつ病がいつまた再発するかもしれない古閑さんの将来像は決して明るいとは言えるもんじゃないんだろうか?

夢見る少年は何歳までいけるの?40代ドリーマーに聞いてみた

MIYAZAKIDSC_2135_TP_V

転職支援仲間からAさんを紹介されたのは、昨年のことだ。何でも夢を追い求めるため、単身で沖縄に移住したという。ただし、よくよく話を聞いてみると、現在は無職だと言う。どうやって生活しているというのか?

今流行りの田舎暮らしなのか?それとも何か目的があってのことなのか?興味があったので、直接お会いして話を聞くことにしてみた。

専門学校を卒業後、とある有名なスタイリストの助手になったのはいいが、10代の頃から持っていたサッカー選手になる夢をあきらめることができず、21歳のときフットサルの選手になろうと決意したいう。

どう考えても、まともな大人の考えることではないが、気な年のように夢の続きを語るAさん。


「 フットサルクラブに入団目前だったんですけれど、右膝じん帯を切断してしまいましたね。 」そんなわけで、次こそ本当に諦めがついたという。

元々、自由的な気質を持つAさんは、バラエティーに富んだ職種を経験して、32歳の時にバーをオープンした。

「 バーの運営は順調に行っていたんですが、その分だけに囚われるのもどうかな~と思ってしまったんです 」どうにかこうにか成功を収めていたバーであったが、「 執着して一か所にとどまることが下手くそ 」だそうで、38歳のときにバーを閉店することになる。

それから、バックパッカーとなって、インドや国内全国各地を12か月放浪したその後、去年の10月に沖縄へと足を踏み入れた。


「 何かしら沖縄で偉業を達成できたらワクワクすると考えて、移住しにきました 」と自身は口にするが、現在では6か月以上仕事をしていない状態が続いていて、次々と借金をして生活を送っている。

もう1回、偉業とは何だか聞いてみると「 いまだに、やりたいことは見つけられてないです 」と、具体的なフレーズはこれと言って何も返って来なかった。


夢を追い求め続け、自分勝手に生きてきたAさんも今年度でなんと40歳になる。リスキーなライフスタイルを営んでいるのは、当人もよくよく認識しているが、ここしばらくは少々動揺が出てしまう点も見受けられるみたいだ。

「 沖縄に引っ越して6か月が経過しましたが、いまだに沖縄の日々の生活になれていないです。今までと異なり、生活リズムが掴めない 」夢追い人がはたして何歳まで夢追い人でいられるというのだろうか?という疑問が湧くと同時に、少しAさんを気の毒に思ってしまった

それでも続けますか?勤続15年でも年収250万円の絶望

c567351cd8872ed21ffad604a033ef7e_s
2018年、いよいよ中高年も年収200万円代の時代がやってきたと言われているが、本当にそんな定収入の40歳代がいるのだろうか?

行きつけの飲み屋で知り合ったSさんは、40歳代になった今も年収300万円を超えたことがないという。

大学を卒業した後、正社員となって飛び込みアポなしのセールスマンになるも、一度もノルマを達成することなく、居心地が悪くなり1年そこそこで退職。この後は、パン工場の派遣社員、運送業や飲食店の正規スタッフを転々としたSさん42歳代。

何をしても1年と続かなかった彼が、15年も働き続けているパチンコ店に採用されたのは、近所にあるスーパーのバイトに応募したことがきっかけだった。


地元のスーパーでバイトの面接を受けたわけですが、面接官に「 30歳代にもかかわらず、アルバイトの面接を受けているようではよくない! 」と叱られてしまったという

そこで彼は学生時代にバイトした経験のあるパチンコ店であれば、と腹を決めてキャリア採用への応募をしたら、あっさり採用されてしまったという。


働き慣れたパチンコ業界での仕事といったこともあり、一念発起して努力したものの、その努力がお給料に反映されることはありませんでした。

「 採用された後々分かったわけですが、ウチの職場の給与査定は、やる気や努力過程など全く関係なく100パーセント能力重視。どういうわけか自分より後で採用された20~30代の後輩達が、次々に昇進していったのです。どんな風な基準でジャッジされているのかもわかりませんが、多少若さもキーポイントであったのかもしれません 」

そんな絶望的な状況だったSさんが、ようやく出世を果たしたのは36歳代の時だという。なんとホールスタッフの取りまとめ役となったのだ。

と言いますが、わかりやすく言うと一般的なポジションよりも、地位は低いという。「 年収は少し上がりましたが、かつては年金などを控除されていなかったため、財布に残る金額は以前とほとんど変わりません 」

この後さらに6年の月日が経ち、42歳代を迎えたいまだに給料は上がらず、月収にして21万円。年収にして250万円前後だという。しかしながら、現場には20歳代、30歳代の従業員が増え、店長もSさんより若いのだという。

年下の店長と会話すると、「 めっちゃ気を使われているよな俺 」と感じるという

居心地の悪さを感じ取りながらも、「 継続できる間は頑張ってみたい 」と彼は積極な心構えでした。飲食やサービス業界では、少ない従業員達が長時間働いて、時給がバイトよりも少ないということも珍しくないという。

Copyright © 40歳の転職が失敗して絶望する典型的な特徴 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

  • ライブドアブログ